サバイバル用品に鏡を入れておくべき

女性であればハンドバッグに化粧品、その付属品として鏡があるということは多いだろう。鏡は身だしなみの必需品で、もっぱら自分の顔を見るために使われるものである。しかし、サバイバルでも鏡は重要だ。今回は鏡の利用法を紹介したい。

まずサバイバルに鏡と言って思いつくことがシグナルミラーである。セットで販売されるサバイバル用品には小さな鏡が含まれているものがあり、飛行機などに光を日光を反射させて信号を送る方法について解説がされていたりする。日中でも光の信号は直接受けると目立つものであり、救助を待つ場合には信号を送る方法として大変良いものである。

鏡はまた、直接見ることができない場所を見ることができる。顔を入れることができないスペースでも手と鏡が入ればいくらかその奥の曲がり角の先を見ることができる。逆に直接見えない部分を照らすこともできるから、暗い所でも鏡を照らせば先を照らすことができる。これによって、例えば瓦礫の奥に何があるか知ることができるし、昼間に暗いところを日光を反射させて照らし出すといったことも可能である。

そして、鏡の一般的な利用法である「自分を見る」という使い方もまたサバイバルで重要になってくる。もちろん社会生活に重要な身だしなみを整えるということもあるのだが、もっと重要なのは道具なしで目視しづらい部分を確認できるということである。野外に出ると虫に刺されることがある。ダニなどのうちには大変危険な病気を持っていることもあり、虫がついてないか、刺された場所がどうなっているのかを確認することは命にかかわる問題になることもある。見えにくい場所を確認するには鏡は重要な道具である。また、口の中や目に異常を感じた時にも確認するためには鏡が必要である。

ナイフや着火具などは自然物から作り出すことも可能と言えば可能であるが、鏡はかなり難度が高い。小さなものは100円均一ショップなどでも購入でき、高額ではないから男性でもエチケットを兼ねてカバンの中などに忍ばせておけばとっさの時に役立てることができるだろう。

10倍拡大鏡付き 両面コンパクトミラー YL-10

新品価格
¥415から
(2015/8/17 18:20時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です