ハサミで爪を切る練習をする

爪を切るというのは、現代社会において衛生と身だしなみに気を使うというマナーのひとつである。しかしそれは、身だしなみの問題だけでなくとても重要な意義がある。

爪が長いというのはその先の部分において肉に張り付いていない部分が多いということであって、これは一定の硬さをもったものが他に支えるものがない状態であることを意味する。つまり折れたり剥がれたりしやすいということである。

爪が剥がれるというのは大変に危険なことである。まずもって酷い痛みがあり、力を入れることが難しくなる。また傷口から病原が入ることも大きな問題である。特に爪のある手足は外部と触れる機会が多い体の部位であるから怪我には細心の注意を払うべきなのである。

さて、そういった事態を減らすためにはこまめに爪を切っておくことがよいのであるが、ここで忘れられやすいのが爪切りである。爪切りは専用の用具でされている方が多いだろうが、その爪切りは非常用品としては忘れられてしまいがちなものである。食料や水、そして衛生用のトイレやボディーペーパーなどもそろえている方でも爪切りがないという場合もある。特殊な形の用具であるから、それそのものがなければどうにもならない道具である。

VICTORINOX(ビクトリノックス) ネイルクリッパー 8.2055.CB 【日本正規品】

新品価格
¥1,176から
(2015/9/8 12:58時点)

しかしながら、爪は爪切りがなくては切れないというものではない。爪は硬いが、しかし骨よりはだいぶ柔らかい。したがって様々な刃物で切ることが可能である。つまり身近で手に入りやすいもの、特にハサミで切ることは割と容易なことなのである。

ただ、ハサミで爪を切るというのは少しばかり緊張する作業である。皮膚や肉を切ることないように注意しなくてはならず、利き手側の爪を切るときは利き手と逆の手でハサミを握る必要もある。したがって、余裕のある時に少し長く伸びた爪を軽く切ってみて練習をしたほうが断然良い。初めて切るより二回目のほうが、そして練習すればするほど切り方はうまくなるものである。熟練すれば爪切りの質によってはハサミのほうが滑らかに切れることもあるぐらいである。

試してみて、どうしても怖い、うまくいかない等があれば忘れずに爪切りを準備するか、やすりを持つかするといいだろう。女性であればネイルケアに爪やすりを常備することもあるからそれでもいいだろう。ただ、やすりでつめの手入れをするのは時間がかかるし、ツールナイフなどにはたいていハサミがついているから、サバイバル的にはハサミで爪切りできるのは利点であるから、ぜひ一度は挑戦してみてほしいことである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です